ブログ
 

プロは仕事を楽しむ!

2015.09.19


このエントリーをはてなブックマークに追加

tomita_3

 
 
こんにちは。
 

営業推進室の冨田でございます。

 

9月に入ってめっきり気温が下がり

体調管理が大切な時期ですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

冨田は元気全開で日々精進させていただいております。

 

ソフトバンクホークス 優勝!!! 

 
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-SSE_tokyodomekankyakuseki-thumb-1000xauto-13909
※画像はイメージです。
 
 

9/17にソフトバンクホークスが優勝致しました。

おめでとうございます。。。

只今、福岡支店に入り込んでおりますので

どこにいっても、この話題で持ちきりでございます。

本当におめでとうですね。

 

 

で、ここ最近すごく思うことは、「プロ」のスポーツ選手についてです。

野球なんかは特に、すごく親しみがあるのですが、あの勝利した時の笑顔!

どんなスポーツ選手でも勝利した瞬間に見せるあの歓喜の感情表現。

 

反対に、負けた時の悔しさや、逆に気丈に振る舞う強さ、冷静さ。

どちらも、よくよく考えてみると、凄い事だな・・・としみじみ思うのです。

 

感情をむき出しに

 
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-MAX98_yattazeyossya20140531-thumb-1000xauto-17162
 
 

同じ歳の大人が、なんて「仕事」に対して感情を表現できているのか!!と。

勝利するまでの、徹底したこだわりや、あきらめない気持ち。

敗退した時に見せる悔しさや、次に切り替えるために見据えている姿勢。

で、目一杯喜び、悔しがる。。。

 

特に、スポーツというのは、

勇気を与える、未来を示す、前に進む力、、、を無限に秘めていると思います。

どの段階でスポーツをプロとしてとらえるかは千差万別だと思いますが

もとはと言えば、子供のころから慣れ親しんだ「楽しかった」の延長です。

人気スポーツであれば、一度は体験したことのある「遊び」であります。

それを仕事にして、プロとして活躍し、希望になる。。。

 
 

むーーーん・・・

子どものころ、体を動かすスポーツは楽しかった。

でも、楽しいだけで終わる人。

そこから一歩踏み込んで上手くなりたくなった人。

上手くなりたいだけでなく、人より出来るようになりたかった人。

人よりうまくなるだけでなく、一番うまくなってプロを目指す人。

プロになるだけでなく、人々に希望を与えていこうと思う人。

でも、スタートは楽しかった。

 

 

僕も今の仕事で、同じ「大人」として、「プロ」として

仕事を、義務や権利を主張する手段としてでなく、

義務も果たし、それでいて、誰より楽しんでるような

本物のプロを目指したいと思います。

 

 

>毎週水曜更新!内定者ブログスタート!<

b
 
 

>毎週金曜開催!新採用企画“GLOSカフェトーク”エントリー受付中!<

gloscafebanner
 






マネージャー

冨田 有兵パートナー営業部

パートナー企業様と一緒になって成長していき、関わるすべてのヒトの人間力向上・ビジネススキルアップのことを24時間365日考えていると言っても過言ではないほどに熱い男。

冨田 有兵




合わせて読みたい!オススメ記事