ブログ
 

異なる環境で同じ話を聞いた話。

2016.03.3


このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

take
 

おはようございます。経営企画室の武中です。
今年の2月から月一で遅刻をかますという新卒とは思えぬ、油断っぷりにそろそろ喝を強めに入れてもらう必要があるなと思う今日この頃でございます。

 

TPP

さて、みなさんはTPPってご存知ですか?
 

TPP:Trans-Pacific Partnership(環太平洋戦略的経済連携協定)
環太平洋パートナーシップ(TPP)協定とは,オーストラリア,ブルネイ,カナダ,チリ,日本,マレーシア,メキシコ,ニュージーランド,ペルー,シンガポール,米国及びベトナムの合計12か国で高い水準の,野心的で,包括的な,バランスの取れた協定を目指し交渉が進められてきた経済連携協定です。2015年10月のアトランタ閣僚会合において,大筋合意に至りました。今後,各国と連携しつつ,協定の早期署名・発効を目指していきます。
(※外務省ページから引用)

 
と、普通みなさまが想像されるTPPはこちらだと思います。
しかし、今回ご紹介したいTPPは最近社内の新卒研修、プライベートで参加した社外のセミナーとまったく違う場所で聞いた同じ話で、上でご紹介したTPPをもじった言葉「T:徹底T:的にP:パクる」です笑

自身を成長させるために必要なこと・成功するために必要なこととして、なりたい姿・理想の人のことを徹底的にパクる=TPPが挙げられていて、まったく違う環境で同じ話を聞くという経験、しかも二人とも経営者の経験があるレベルの高い方からで、これは本質を捉えている表現なのだろうなと説得力が高かったです。

徹底的にパクってみると今までの自分との違いが、明確になり、理想を目指すために足りていない課題がわかるということでした。
常に理想の人だとどう考えるのか?どう動くのか?を意識しているといつかその考え方・行動が当たり前になり、成長している・成功しているということだと思います。

 

そして、TTPの先にあるのが、パクリジナルです。
徹底的にパクることができたとして、行き着く先はあくまで目指したなりたい姿・理想の人です。
それ以上に行くことはできません。では、どうするのか?

満足してもいいかと思いますが、人間は欲深い生物なので、きっとパクリきった頃にはさらに上を目指していると思います。
というか、レベルが上がって目線が上がれば、今まで見えなかったものが見えるようになり、おのずと目標も高く持つようになります。
 
人の発想をパクって自分の中に取り入れる
そして、それをオリジナルのものとして昇華させる。→パクリジナル

 
ここに個性が最大限発揮され、その人にしかできない仕事になっていく。
ここに本質的な価値があるのだということに気付きました。

先日なかなかに厳しい言葉をいただきました。
「お前の給料がなぜそれだけかわかるか?それはお前じゃなくてもできる仕事だからだ。お前がもしお前にしかできない仕事をしていたならば、いくらでも給料はあがる。」と・・・

 

確かに私がいただいている給料は仕事の対価で、行った仕事の価値に応じて対価として給料をもらいます。
よくよく考えてみると、今私が会社に提供できている対価としての給料だとしたら、もらいすぎているなと思いました。
まだまだ会社に対して恩返しできてないなと思いました。

そして、本当に満足いく生活を送るためにはまだまだ稼がないと足りないなと思います。
ということはもっともっと会社ひいては社会・世界に提供できる価値を高めていかなければいけないなと感じました。
とにもかくにも頑張らなければいけないということで、頑張っていきます。

 
 

ドラクエ理論

 
take2
 
同じ話をまったく違う環境で、二回聞くなんてことはなかなかないと思っていたのですが、最近、もうひとつありました。
それはドラクエ理論です。
最近、なぜかいまさらながらドラクエ7をやっているので、ドラクエというワードに意識がいっていたため、印象に残っただけかもしれませんが、(※これは妊婦さん現象と同じ理論ですね。妊婦さんになった途端にまわりにいる妊婦さんにも気付くようになるというやつ。)身近なたとえ話にすごくわかりやすく共感を覚えました。

はじめはスライムでさえ、そこそこの強敵で倒すのに苦労するが、レベルが上がっていくと何もきにしなくても倒せるようになる。
自身の立場・レベルつまりは立ち位置によって、同じスライムという敵でも感じ方が異なるという事例です。
これはマネジメントの考え方に活かせるのかなと思いました。レベルが上がったものさしで測ると取るに足らないような業務もまだまだ成長段階の部下にとっては難易度の高い課題の可能性があります。
自分にとっての当たり前が部下にとってはどうなのか?そこにもしギャップがあるのなら、それをどうやって埋めてあげればいいかを考えて教育をしていかなければいけないなと思いました。

 

ドラクエ理論はもうひとつあって、レベルが低いうちは少ない経験値でも、どんどんレベルアップしていくが、レベルが上がれば上がるほど、レベルの低かった頃と同じ経験値では、ほとんど成長しなくなっていく。
 
take3

私は新卒ですので、まだまだ日々新しい知識に触れることができ、レベルも低いので、ぐんぐん成長を実感しながら仕事を楽しむことができていますが、成長するにつれてより一層のインプットとアウトプットを意識して取り組んでいかないと今の成長率を維持していけないだろうなと感じました。
 
今、毎日がワクワクで楽しいのは経験したことのないことだらけで、すぐレベルが上がる(成長を実感できる)ぐらいのレベルにいるからであって、このままの環境に満足していてはいつか壁にぶち当たった(すぐレベルアップできなくなった)ときにつらくなるのだろうなと思いました。

現状に満足することなく、成長した先でも楽しめるくらい、情報にアンテナを張り、インプットできることはすべて吸収して濃い経験値を積んでいけるように努力していこうと思います。

 

インプット量がアウトプット量より多いので、パンクしそうな武中がお送りしました。
アウトプットの質はこれから上げていきます。まずはパンクしないようにまとまってなくても、吐き出していきます!!!

 
 






新卒

武中 駿2015年入社|経営企画室

新卒3期生の一人。1年目から管理本部経営企画室に配属され、がむしゃらに目の前の業務をこなす。これからはもっと先を見据えた仕事の仕方を覚えてほしい。将来性には期待大。

武中 駿




合わせて読みたい!オススメ記事