CSR報告
 

【39(サンキュー)矢野基金応援自販機】阪神タイガース本拠地甲子園球場に設置されました!

2015.06.11


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

「39(サンキュー)矢野基金応援自販機」プロジェクト。

矢野燿大氏もかつてプレーした阪神タイガースの本拠地甲子園球場に設置されました!

 

 

矢野基金_甲子園 _修正済

 

阪神タイガースの応援はもちろん、この夏、全国高校野球選手権大会を観戦しにいく方も、こちらの自動販売機をぜひ探してみて下さい。

そして趣旨にご賛同された方がご使用頂けますことを祈っております。

 

■設置詳細:甲子園一塁側アルプススタンド前、5月29日(金曜日)より

 

si-to

 

 

■当リリースの詳細

・39(サンキュー)矢野基金URL: http://www.yano39.jp/fund/

・39(サンキュー)矢野基金応援プロジェクトURL: http://yano39.cre-os.com/

 

 

YANO_応援PJ_A4チラシ_141120_OL

 

 

弊社は自社サービスである、オリジナル自動販売機「BordStation(ボードステーション)」で培った知識と技術のもと「39(サンキュー)矢野基金応援プロジェクト」を発足し活動しています。

 

自販機の売上の一部が筋ジストロフィー患者の方・児童養護施設の子どもたちへの支援金となる「39(サンキュー)矢野基金応援自販機プロジェクト」。

この度、阪神タイガースOBの矢野燿大氏も現役時代にプレーした、甲子園球場への設置が実現いたしました。

 

■募金の使途:

筋ジストロフィー患者の方への電動車いすの提供甲子園球場招待。また、児童養護施設の子供たちへの支援(文房具提供・野球大会への用具提供など)に使われます。

募金の収支報告は、社会福祉法人大阪府社会福祉協議会のホームページにてご報告させていただきます。

 

■応援プロジェクトお問い合わせ先電話番号:0120-395-660