特集
 
竹川 大将広告・メディア事業部 東京支店勤務
2015年度入社。ボードステーションを使って、個人事業主の方と世界に一つだけの集客ツールを創り上げています。入社前から看板型自販機のボードステーションに興味があり、BS事業に関わりたいと希望を出していました。今は、アポイントから営業先への交渉から受注、納品まで全てひとりで任されています。入社後半年でここまで出来るのは早い方だと自負しています。配属決定後、なるべく早く独り立ちさせて欲しいと交渉し、実績を残せた結果です。



Q1.職務上で起きた壁の乗り越え方を教えて下さい

個人事業主の方へアプローチするには、その方の属している業界に精通していなければなりません。美容室、整骨院、進学塾などを経営されているお客さまに納得していただける知識をつけることが大変でした。
せっかくアポイントを取ってお時間を頂いても、受注に繋がらなければ全て失敗なのだと思います。それは、勉強不足故の結果ですが、結局は成約率を上げるには、その経験を失敗のまま終わらせず「失敗から学ぶ」姿勢を積み重ねることが大切なのだと思います。


Q2.心に残る出来ごとを教えて下さい

ボードステーションはお客さまのご要望にお応えして完成する、完全オリジナル看板型自販機です。自分も納品時に初めて現物を確認するのですが、初対面のその瞬間に立ち会うときに見られるお客様の笑顔が本当に嬉しくて次への活力になります。


Q3.会社から望まれていることと、思い描く近い未来を教えて下さい

3期生の中で広告・メディア事業部に配属された営業は僕一人です。女性が多く活躍している事業部だからこそ営業男子として負けずに活動するぞ!と日々思っています。
そしてGLOSはベンチャー企業なので社員も若く、だからこそ新卒社員たちから会社を引っ張っていかなければならないと思います。先輩たちに刺激を与えられる存在になり、IP事業部こそがこれからのGLOSの柱となるよう努めていきます。
BS事業を大きくして、東京支社化します!そして自分のチームを持ったマネージャーになります!!


Q4.同期とはどのような存在ですか?

入社式では同期である3期生全員が新人王宣言をしました。しかし簡単にその座を渡しはしません。特に同じ事業部の木村の存在や、大阪本社にいる島が発信する言葉や行動には意識してしまいます。みんなライバルでもあり、とても良い刺激になる仲間です。


営業に欠かせないアイテム

営業に出るときは、デザインなどすぐに可視化できるアイパットは欠かせません。ネットやデータの閲覧に特化しているので、ここに置いたら、どうなるのか、デザインバリエーションは?などより感覚的に提案できるので、必ず持って行きます。




これからJOINするアナタへ!

ベンチャー企業を自分の手で大手にしていく、そんな想いを描いて入社しました。結局はどの会社にするかを選択するのは自分です。人に決めて貰ってもきっと長続きしません。周りに流されることなく、自分の意思を明確にして直感を信じGLOSにピンときたら「キメル!!」をしてみて下さい。









竹川 大将広告・メディア事業部
東京支店勤務


2015年度入社。ボードステーションを使って、個人事業主の方と世界に一つだけの集客ツールを創り上げています。 入社前から看板型自販機のボードステーションに興味があり、BS事業に関わりたいと希望を出していました。今は、アポイントから営業先への交渉から受注、納品まで全てひとりで任されています。入社後半年でここまで出来るのは早い方だと自負しています。配属決定後、なるべく早く独り立ちさせて欲しいと交渉し、実績を残せた結果です。


Q1.職務上で起きた壁の乗り越え方を教えて下さい

個人事業主の方へアプローチするには、その方の属している業界に精通していなければなりません。美容室、整骨院、進学塾などを経営されているお客さまに納得していただける知識をつけることが大変でした。
せっかくアポイントを取ってお時間を頂いても、受注に繋がらないことは全て失敗に入ると思います。それは、勉強不足故の結果ですが、結局は成約率を上げるには、その経験を失敗のまま終わらせず、失敗から学ぶ姿勢の積み重ねが大切なのだと思います。


Q2.心に残る出来ごとを教えて下さい

ボードステーションはお客さまのご要望にお応えして完成する、完全オリジナル看板型自販機です。納品時に初めて現物を確認するのですが、その瞬間に立ち会うときに見られるお客様の笑顔が本当に嬉しくて次への活力になります。





















Q3.会社から望まれていることと、思い描く近い未来を教えて下さい

3期生の中で広告・メディア事業部に配属された営業は僕一人です。女性が多く活躍している事業部だからこそ営業男子として負けずに活動するぞ!と日々思っています。
そしてGLOSはベンチャー企業なので社員も若く、だからこそ新卒社員たちから会社を引っ張っていかなければならないと思います。先輩たちに刺激を与えられる存在になり、IP事業部こそがこれからのGLOSの柱となるよう努めていきます。
BS事業を大きくして、東京支社化します!そして自分のチームを持ったマネージャーになります!!

Q4.同期とはどのような存在ですか?

入社式では同期である3期生全員が新人王宣言をしました。しかし簡単にその座を渡しはしません。特に同じ事業部の木村の存在や、大阪本社にいる島が発信する言葉や行動には意識してしまいます。みんなライバルでもあり、とても良い刺激になる仲間です。

営業に欠かせないアイテム

営業に出るときは、デザインなどすぐに可視化できるアイパットは欠かせません。ネットやデータの閲覧に特化しているので、ここに置いたら、どうなるのか、デザインバリエーションは?などより感覚的に提案できるので、必ず持って行きます。


これからJOINするアナタへ!

ベンチャー企業を自分の手で大手にしていく、そんな想いを描いて入社しました。結局はどの会社にするかを選択するのは自分です。人に決めて貰ってもきっと長続きしません。周りに流されることなく、自分の意思を明確にして直感を信じGLOSにピンときたら「キメル!!」をしてみて下さい。