お知らせ


 

株式会社AJ誕生!新たな挑戦、HR事業スタート!

2016.09.1


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

1
sp

株式会社AJ
(左)代表取締役|大知 昌幸
2006年9月に1人でグッドライフOSを創業。「何を為すのも人がすべて」の考えのもと、徹底的に人にこだわり続け、その大切さを体感している。今では200名(2016年4月現在)を超える最高の仲間たちと共に、より高みを目指す。
株式会社AJ
(右)取締役|小掠 恵
GLOS新卒採用1期生。2013年入社から人事採用担当として従事。採用経験を活かし、2015年新商品開発課にて美容学生向け採用イベントの構築、2016年4月より株式会社AJの取締役就任。

株式会社AJ (左)代表取締役|大知 昌幸
2006年9月に1人でグッドライフOSを創業。「何を為すのも人がすべて」の考えのもと、徹底的に人にこだわり続け、その大切さを体感している。今では200名(2016年4月現在)を超える最高の仲間たちと共に、より高みを目指す。

株式会社AJ (右)取締役|小掠 恵
GLOS新卒採用1期生。2013年入社から人事採用担当として従事。採用経験を活かし、2015年新商品開発課にて美容学生向け採用イベントの構築、2016年4月より株式会社AJの取締役就任。

 
ajbana

 
 
 

大知の想い。「身を以って確信。企業はヒトがすべて。」

 

2006年9月1日に私は1人で独立をし、グッドライフOSという会社を立ち上げました。
それから10年。私たちはずっと 「ヒト」 にこだわってやってきました。
もともとお金もなく、ビジネスモデルでの特異性や大きな強みを持たなかった我々は、「ヒト」 にこだわるしか選択肢がなかったとも言えます。

 

「社員こそがブランドだ」 「会社の成長はヒトで決まる」 「どんなヒトが仲間に加わってくれるかが一番の力点だ」その考え方のもとでヒト集めをした結果が会社の 「カルチャー」 となり、そこが一番の強みとして成長してきました。

 

社員が50名くらいまでは既存社員の繋がりからの中途採用ばかりで、人柄も能力も分かってるメンバーを徹底的に集めました。
しかし、それも限界だと感じた2012年からを新卒採用に特化し始めました。
2013年、新卒1期生として入社したのが、29名。初めての新卒採用ではたくさんの準備をした 「つもり」 でしたし、採用活動がうまく行った 「つもり」 でした。
大きな期待感や高揚感、そしてワクワク感をもって迎えた新卒生たちの受け入れは想像以上に大変で、会社の未熟さが露呈しました。

 

初めの1年目で退職者が続出。

 

「思っていたイメージと違った」 「聞いていた話と違う」そういった言葉を端々で言われてしまい、大きな壁に当たることとなりました。
当然、嘘をついてることはありません。が、表現の仕方や伝え方や接し方が甘かった事は事実であり、反省点として残りました。その後自ら、伝え方、接し方の改善に努めました。新卒2期生では1年目に退職した人はゼロでした。

 

新卒採用スタートから3年半。
現在、1期生で残っているのは半数弱の14名。

 

もともと思っていた以上に離職者が多かった…と言わざるを得ないかもしれません。
振り返ると、失敗やミスを繰り返し、叩かれ批判もされ…私が未熟な故に受け止めきれなかった人たちに申し訳なかったと思うこともしばしば…。
しかし同時に素晴らしい仲間を招き入れることにも成功しました。そしてたくさんの前進、成長をさせて頂きました。ノウハウも沢山積み上がりました。

 
 

2

 
 

今、会社を経営して10年経って、もう一度ハッキリと言えることがあります。それはやはり 「企業はヒトが全て」 という事。
我々が成長した理由がそこにあり、そしてそれを本気で実践してきた経験と体験があるならば、それはそのまま素晴らしいソリューションとして皆様のお役に立てることができるのではないか…そう思いました。

 

我々のグループビジョンは 「Makes Japan Energetic! 企業を応援して日本を元気にする。」 です。

 

企業というのはいつも経営課題を抱えています。その課題というのは 「経営資源」 にまつわる事ばかり。ヒト、モノ、カネ、情報、時間。その資源で最も核となるのが 「ヒト」 です。
我々はビジョン体現の実践として新たに 「株式会社AJ」 を立ち上げ、 「HR事業」 をスタートいたします。

 

株式会社AJにおける事業ビジョンを 「人の可能性を最大化する。」 と掲げました。
今まで自らが体験したノウハウを、 「採用ソリューション・教育ソリューション・そして働き方ソリューション」 として取り組んで参ります。

 

その責任者として相応しいのが、当社の1期生で入社時から人事採用に配属された小掠恵
彼女はこの4年、会社のいい所も未熟な所も沢山見てきました。そして矛盾や問題と向き合ってきました。
そしていくつもの解決をしてきました。これほど最適な責任者はいないと信じています。
新たに11年目を迎えるこのタイミングで、新卒1期生が役員となり、HR事業をスタートすることは我々のさらなる 「成長エンジン」 となり、ビジョン体現のための大きな船出になるものと確信しています。

 
 

小掠の想い。「経験を発揮できる環境にワクワクしています。」

 

はじめまして。
2013年に新卒採用1期生としてグッドライフOSに入社を致しました、小掠恵と申します。

 

「法人営業の会社で、梅田で空き時間があったから」、の理由で見つけたグッドライフOSとの出会いは2012年の4月頃でした。参加した説明会のアットホームさに驚いたことを覚えています。

 

本当に何も知らない会社でしたが、目に留まったのは「COMMON VALUES」。
 
※COMMON VALUES=グッドライフOSが大切にしている共通価値観を明文化したもの

 

学生時代、毎日必死に打ち込んできた経験の中で、「人として大切なことがやっぱり大切だ」ということを信条としていた私は、それをあえて明文化していることに興味を持ち、選考へと進みました。
選考を通過し、営業職として入社をしました。多くの人との関わりの中での自己成長と、あと「沢山お金も稼いでやるー!」と意気揚々と新人研修を終えたわけですが、配属発表では、まさかの「人事採用課」配属。様々な考えを捨て、やりたくてもできなかった人もいる、選んでもらったんだからまずは信じて頑張ろう、と目の前の仕事にとりあえずがむしゃらに食らいついていました。

 

29人の同期と共に、まだ100人にも満たない会社へ入社をしたのですが、思うことは沢山ありました。「会社」として思い描いている“当たり前”が当たり前でないことも沢山ありましたし、全社として、社長として考えている“理想”と現実が離れていると感じたこともありました。

 

私自身もそうでしたが、おそらくGLOS初の新卒で「1期生」と言われる私達同期それぞれに、自身の必要性や、一生懸命受け入れようとしてくれている中で“ハレモノ感”を感じていたんじゃないかと思います。

 

経営層の近くで働かせてもらっていたので、もちろん会社はそうは思っていないことを知りました。
そんな溝を埋めることや、次期入社をしてくる後輩たちがそんな想いをすることなく仕事に向きあえる環境創りが1期生としての使命でもある、と自身の必要性をそこで感じたことも覚えています。

 
 

3

 
 

私自身この会社のすごいなと思っていたことは、社歴年齢関係なく意見が言えること、挑戦ができる環境であること。「とりあえずやってみろ!」と1年目から様々な経験をさせてもらっていましたし、手を挙げるタイミングや意見が言える場があり、「何も知らないから…入社してまだ浅いから…」と、自分を抑えた記憶がありません。

 

“その人に乗り越えられない壁は来ない”と幼いころから両親に言われてきた言葉の影響で毎度挫けそうになりながら、挑戦を選んできました。正直、辞めたいと思ったことも何度もあります。人生は小さなことの積み重ねで、しんどいことも幸せなことも全部ひっくるめて自身を形成してくれているからこそ、知らないことや出来ないことはなるべくなくした方が良い。泣き叫びながら苦しい思いをした経験の方が、後々笑えて、そして自信にもなることを過去の経験から知っていたことも頑張れた大きな理由の1つだったのかもしれません。

 

採用課で3年、部署が変わって新商品開発課で4か月ほど、そして2016年4月から今のAJに。この社会人生活の4年間、なんだか知らぬ間に「人の事(人事)」ばかり行ってきました。望んでこの位置にいるわけではありませんでしたが、支えて下さる人であったり、考え方であったり、その仕事をするにあたり最高の環境であったことに間違いはなく、その経験が自信にも繋がっています。

 

今回その経験と自信を思いっきり発揮できる環境を、また与えていただきました。
正直恐怖も大きいですが、それ以上にワクワクする気持ちも強い。

 

株式会社AJ創設1期目は、GLOSの人事機能の強化、水準上げはもちろんのこと、泥臭く、そして若い集団だからこそできるひたむきさで、様々なことに挑戦していきます。

 

「ヒト」で会社は大きく変わります。良い方にも悪い方にも。ヒトで変わる驚きや喜びを、私達から発信が出来るように。

 

良い採用とは?魅了される働く環境とは?可能性を最大化するとは?…まだまだ課題は山積みですが、それを越えた先に見える景色は無限であるということ。

 

結果は運かもしれませんが、挑戦は選択です。若い集団でもあり、まだまだ発展途上ではありますが、私達の価値を高めるのは私達自身であるということを念頭にしっかり根を張り、太く、そして長く成長していきます。

 

どうぞ 株式会社AJ一同をよろしくお願い致します。

 

4
logo 株式会社AJ AJ co.,Ltd.
代表取締役|大知 昌幸 取締役|根岸由次・小掠 恵
設立 2016年4月
資本金 40,000,000円(資本準備金20,000,000円含む)
事業内容 採用ソリューション事業・教育ソリューション事業・働き方ソリューション事業
logo
株式会社AJ AJ co.,Ltd.
代表取締役|大知 昌幸 取締役|根岸由次・小掠 恵
設立  2016年4月
資本金  40,000,000円(資本準備金20,000,000円含む)
事業内容  採用ソリューション事業・教育ソリューション事業・働き方ソリューション事業

 
ajbana